Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

幹事は、日程の調整を素早く決めて、予約時の確認事項がポイントになります。しかし、飲み会のセッティングはこれだけで終わりではありません。お店を予約した後は、参加者に詳細を伝えなければなりません。詳細を伝える所でもポイントがいくつかあります。詳細を伝える際は、日時や場所、金額はもちろんのこと、最終出欠期限がいつまでで、お金は当日集金なのか?などを細かく伝えてあげて下さい。最終出欠期限は、お店への最終人数連絡があるので、最終期限の2日前に設定しましょう。なお、詳細を伝える際は、メールもしくはLINEなどの記録に残る方法で、伝えるのが一般的です。

当日までの準備として、参加者リストの作成とお釣りを準備しておくのもポイントです。参加者リストは簡単なリストで良いので、名前と集金チェック欄を記載しておいて、当日にお金を受け取ったらチェックできるようにしましょう。可能であれば、お金の受け渡しを担当する人と、チェック欄にチェックする人の2人体制で行います。お釣りは会費によりますが、千円札と百円玉は他のお釣りより多めに準備すること。また、金種別で封筒などに入れておくと、お金の受け渡しが非常にスムーズになります。お釣りが足りず、集金時に困らないように、事前準備は念入りに行うようにしましょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket